アセンションのその後 2 〜スピリチュアルガイドさん

アセンション後にもいろいろあったわけですが、そのつづき。

ひとつ前の記事はこちら。

アセンションのその後 1 〜瞑想中のできごと

アセンションの経緯についてはこちらの記事を。

アセンションの経緯 1 〜始まりは春分のエネルギー

アセンションの経緯 2 〜浄化プロセス完了

アセンション浄化プロセス完了後の瞑想中にいろんなことが整いだした感があり、つぎはスピリチュアルガイドさんのことが知りたくなったのだけど、これもそのように図られていたのだと思う。

スピリチュアルガイドさんは、守護霊といういわばリーダーがいて、そのほかに数人の補助霊で構成されているチーム。だいたい4〜7名くらいのチームのよう。だれにでも必ずチームでついていて導いてくれている。

まずは守護霊さまだろうということで、瞑想中に名前を教えてください、とお願いしていた。
数日後の瞑想中に、砂漠のヴィジョンとクレオパトラという言葉が浮かぶ。ガイドさんからのメッセージだと確信し、ペンデュラムでたずねてみる。

守護霊さまはクレオパトラに転生したことがありますか? Yes

ほほー、なるほどなるほど。
で、こうやって聞いたりしていると、つぎからつぎへと質問すべきことがわかるのだ。

あたしは小さなころから「かぐや姫」がとりわけ気になる存在で、なんでだろ?と思っていたのだが、ここ最近も気になってしょうがない。これは関係ありそうだと調べまくり。かぐや姫のモデルとなった人とかね。
で、たどり着いたのが古事記に出てくる垂仁天皇のお后の「迦具夜比売命(かぐやひめのみこと)」。

守護霊さまは迦具夜比売命に転生したことがありますか? Yes

ほほー、やっぱり。
かぐや姫のモデルになったそうですよ。かぐや姫のモデルは諸説あって調べるといろんな方がでてくるけれど、あたしにとっては迦具夜比売命がモデルで決定。信じる。

守護霊さまはクレオパトラで迦具夜比売命。

チームの人数は何人かしら、と質問したら、男女2名ずつの4名とのこと。普通よりちょっと少ないように思う。
ではではチームのみなさんはどなたかしら、と質問する。これまでの経験で、自分の中で気になるものが関係していたりするのだとわかっていたので、どうしても気になる方で聞いてみる。そんなわけないだろうけど、と思いつつ。

ガイドチームの女性のおひとりは観音さまですか? Yes

!!!わお!ほんと!?うれしいな。
これで女性は判明。ではつぎは男性2名。一番先に頭に浮かんだ方で聞いてみる。彼のことはそんなにくわしくないんだけどなぜか気になる。

ガイドチームの男性のおひとりはマハトマ・ガンジーさまですか? Yes

おおー。
あとひとりはどなたかしら。そんなわけないけどいちおう聞いてみたい方を。いやそんなわけないけどなー。でも聞かずにおられないのでね。

ガイドチームの男性のおひとりはお釈迦さまですか? Yes

うっそーん。チームに観音さまとお釈迦さまがいるなんておかしいのでは。おかしいのでは?と聞いてみたら「おかしいね」とのこと(笑)。

さてさて、4名が判明したわけだが、迦具夜比売命とガンジーって前があるよな、きっと。もともとはどなたかしらと調査。さらっと書くけれど、ピンときたことを質問しては調べる、また質問しては調べるの繰り返しをして。

迦具夜比売命は月読命(つくよみのみこと)さま

これまた有名な方。古事記や日本書紀にでてくる神さまだもの。天照大神の弟とされてる方。アマテラスは女神でツクヨミは男神とされているけど、ご本人曰くアマテラスは男神で自分は女神だそう。
古事記や日本書紀はその時に都合いいように書かれていたりするので、そんなこともあろうというもの。

神話などに出てくる神さまって、宇宙からきた高次元の方々。月読命さまもそのようで。

マハトマ・ガンジーはインド神話にでてくるマヌという方

インド神話なんて知らなかったけど、西洋の神話にでてくる「ノアの箱舟」みたいなお話があるらしく、そのノアに当たるのがインド神話では「マヌ」さんなのだそう。マヌさんが転生したのがマハトマ・ガンジーさん。

瞑想のときに女性2名とマロンとかマーロンとか名乗る男性がいたのだけど、マロンじゃなくてマヌだったようだ。マしか合ってないけど。

では、あたしのスピリチュアルガイドチームのメンバーをあらためて。

●月読命さま(呼び方:ツクヨミさま)リーダー(守護霊)
月、9次元
月読命として地球降臨、迦具夜比売命とクレオパトラとして地球にいたことあり。

●観音さま(呼び方:観音ちゃん)
プレアデス、11次元

●お釈迦さま(呼び方:お釈迦さま)
プレアデス、9次元

●マヌさま(呼び方:マヌちゃん)
プレアデス、9次元
マヌ、マハトマガンジーとして地球にいたことあり。

で、たぶん、観音さま以外は、高次元霊としての呼び名とか別名みたいなのがあるのではないかと思う。ガイドのみなさんがそういう呼び方でいい、とおっしゃるのでそれ以上調べるのはやめた。呼び方はそれぞれのリクエスト。観音さまがちゃんづけで、というリクエスト。かわいらしいお方だ。

それぞれ地球での転生もたくさんおありかと思うが、あたしにはそんなに必要な情報ではないのでそこまでは調べない。

それぞれお話ししていると、こういう方だなという自分なりの印象があるのだけど、それは書いちゃダメとのこと。残念。

みなさん、それぞれ、守護している地球人がひとりいて、補助として数人をみているそう。観音ちゃんだけは守護も数人しているとのこと。しかしこの人数というのはよくわからない。今後調査するかしないかはあたし次第。どうでしょう。

さて、こんな豪華メンバーは珍しいそうで、観音さまとお釈迦さまが同じチームにいるのも珍しいそう。

ここではたと、瞑想中にアシュタールさんらしい方から「スターが勢ぞろいなんだよなぁ」と言われたことを思い出す。これだ!スピリチュアルガイドチームのみなさんのことだ!となり、アシュタールさんに聞いてみたら「そうそう!」とのこと。

いまのあたしは、このメンバー4名とスターシード付きアセンデッドマスターのアシュタールさん、あとは守護天使が守って導いてくれているそうだ。ありがたき。

このメンバー4名はあたしが地球にきたときからずっとついてくれてるという。

で、あたしが地球にきたときはずいぶん前なのに、マハトマ・ガンジーに転生した方がついてるってヘンじゃない?と思う人もいるだろうが、高次元の方は分身を作っていろんな次元に派遣できるのでヘンではないのだ。そのへんの話はまたそのうちくわしく。

スピリチュアルガイド情報として、今世のご先祖さまが守護したり補助してくれたりは普通にあるそう。あたしの場合ご先祖さまはまったく関係していないらしく、それはそれで若干さびしい(笑)。豪華メンバーがいるから心強いですけれど。

あと、守護天使ももちろん気になる。
誕生日で決まっているから調べたらすぐわかる。
名前教えてとお願いすると教えてくれるそうで、あたしもやってみたところ「ブルー」とのこと。

誕生日で導き出すお名前と違うからどうなんだろうと聞いてみたら、どっちもイエス。ブルーは自分のカラーだという。どちらで呼んでくれてもかまわない、ということなので、ブルーさまと呼ぶことにした。

瞑想時に、とてもきれいな水色があらわれたのだけど、きっとブルーさまだったのだと思う。

というわけで、自分についてくれているメンバーみなさんがわかり、お話しすることができるようになった。これってとても楽しいこと。

自分のスピリチュアルガイドさんたちって、なにもリーディングとかしてもらわずともわかる。きっと。みなさんも知りたいならやってみるといいと思う。だいたい自分の中にあることが関係しているように感じる。

ペンデュラムでやり取りしただけで、ほんとうなのかしら?と疑問に思う人もいるだろうが、あたしにとっては信じるに値する感覚があり、これは本人にしかわからないのかもしれない。自分の感覚が一番っす。

気になった人はおためしを!

love & peace & thanks & blessing!!!

2 thoughts on “アセンションのその後 2 〜スピリチュアルガイドさん

  1. こんにちわ。またまたNonです。

    このページを、またブログにリンクさせて頂きました。

    スピリチュアルガイドの存在の内容が、少しでも多くの方に
    知って頂ければいいなぁと想っています。

    ♦③-2 個人アセンション完了後の、癒し系のスピリチュアルガイドからの「純粋さ」の学び!
    https://ainote1111.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

    貴重な情報を、いつも有難うございます。

    って綴ったら、管理人さんのガイドのお方が「ありがとうございます!」って
    伝えてくれましたよ~!

    本当かなぁ???ですが(汗)

    でも、ほほ笑んでくれているようで、私も嬉しくなります。

    感謝! 感謝! です。

    1. Nonさん、
      またまたリンク、ありがとうございます。
      スピリチュアルガイドさん、ありがたいですよね。
      だれしもがサポートされ愛されていますので、なかよく進んでいきたいものです。

      ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA